休日の暇つぶしのお供ブログ

予定のない休日の暇つぶしのお供を紹介するブログです

ワードウルフは気軽な推理ゲーム【ゲーム】

在宅勤務を機に人生初のパーマをかけた、34歳の独身男、どうも、ぴじょんです。

以前このブログでも紹介した人狼ゲーム。

www.pigeon-himatsubushi.com

たしかにめっちゃおもしろいのですが、
大人数の必要があったり、一回のプレイ時間が長かったり、頭を使ったり…そんなに手軽にできるゲームではない…。

そこで今回は、人狼ゲームよりも手軽にできて、それでいて盛り上がる「ワードウルフ」という推理ゲームをご紹介!

  

 

ワードウルフとは?

参加者が市民とウルフに分かれて、ウルフの嘘を見破るのは、人狼ゲームと同じです。

人狼ゲームとは違い、ウルフが市民を襲撃して殺していくのではありません。

あるお題が参加者全員に与えられ、ウルフには市民と似たジャンルの違うお題が与えられます。

たとえば、市民には「結婚詐欺師」、ウルフには「下着泥棒」のように。

そして、みんなで自分が与えられたお題について話し合います。

「これって、犯罪…だよね」
「あぁ、●●くんは、これっぽいよね(笑)」
「男女どっちに多いかな?」

みたいな会話から、誰が少数派のお題を与えられたウルフなのかを推理するゲーム、それがワードウルフです。

ゲームの流れは、

 参加者にお題の提示

 みんなで話し合い

 誰がウルフか投票

の3工程。とっても簡単です。

自分がウルフかは分からない

人狼ゲームは、参加者全員が自分の役職を知っているし、人狼同士は誰が人狼か分かっています。

このワードウルフは、自分が市民なのか、ウルフなのかわかりません。

会話の中で、
(あれ、自分のお題は今の会話と微妙に違うな…)
という違和感を察知していくしかなく、自分の役職も推理の対象。

偉そうにペラペラ喋って会話をリードしてる人がウルフだった…

なんてこともあるのが奥が深いところ。

いかに、2つの類似したお題に共通しそうなことを話しながら、他の人のちょっとした発言に気付けるか…それが醍醐味なんです。

すぐ終わります

 人狼ゲームは、長ければ1ゲームあたり30分くらいかかってしまうことも…。

時間がたっぷりあればいいのですが、2時間の飲み会でやるには、ちょっと時間が足りないですよね…。

その点、このワードウルフは一回あたり5分くらいで終わります。

延長もなければ、短縮もない。
1セット限りの超短時間&簡単ゲームなので、飲み会の途中で、

「いっちょ、やってみっか!」

となっても、飲み会の進行に何の影響も与えません。

いや、むしろ飲み会のいいスパイスになること間違いなし!

おすすめのアプリは?

ワードウルフは、Apple Storeや、Google Playからアプリがたくさん配信されています。

僕が使っているのは、これ。
※Qdanのワードウルフ

qdan.hateblo.jp

まず、たくさんのお題があって、使いやすいです。

さらに、お題のカテゴリーを「食べ物」、「遊び」など選べて、プレイ時間や、市民とウルフの配分なども自由に選べるので、どんなシーンにも合わせられるんです。

f:id:onopigeon:20200414234432p:plain

ワードウルフやってみようかなーと思った方、ぜひこのアプリでプレイしてみてはいかがでしょう?  

f:id:onopigeon:20200414234411p:plain

ワードウルフ

ワードウルフ

  • 発売日: 2020/04/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

↓↓にほんブログ村、こちらもポチっとお願いします☆↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村