休日の暇つぶしのお供ブログ

予定のない休日の暇つぶしのお供を紹介するブログです

ソロキャンプを始めるためにいろいろ調べた話~その②~【アウトドア】

漫画を読んでいて、ふと「この漫画の連載が超長期間続いて、死ぬまでに連載が終わらなかったらどうしよう!」と、本気で思った、34歳の独身男、どうも、ぴじょんです

人生80年として、ONE PIECEがもう23年続いてて、まだ終わる気配がない…。

ということは、50歳過ぎて新しい漫画を読み始めたら、もしかして死ぬまでに終わらない可能性が!

ということを考えると、漫画を憂いなく読めるのもあと15年くらいかー、と、なぜかちょいブルーな気持ちになりました。

 

さて、話変わりまして、今回も前回に引き続きキャンプネタ。

www.pigeon-himatsubushi.com

今回は「ソロキャンプデビュー」に必要な寝袋を調べてみたので、ご紹介します。

 

 

良質な睡眠はよい寝具から

前回はキャンプ感を醸成するために必要不可欠なアイテム、テントの調査結果をお伝えしました。

今回は、夜を明かすためには絶対に必要なアイテム、寝袋を調査してみました。

今回も僕をその気にさせたハピキャンで、寝袋を探ってみることに。

happycamper.jp

なるほど、テントほど多くの選ぶポイントはないまでも、「重さ・サイズ」、「値段」、そして大事な「素材」と「形状」があると。

重さとサイズは、素材にかなり引っ張られるらしく、その素材にはダウン化学繊維があると。

ダウンは、ダウンジャケットのように羽毛やダウンボールが入っていて、当然にあったかくて軽い。でも、お値段が高く、メンテナンスが大変。

一方、化学繊維は、値段が安くて水洗いができるからメンテナンスが簡単。でも、ちょっと重くてかさばる。

素材は真冬にキャンプをしないなら、リーズナブルでメンテナンスが簡単な化学繊維がよさそうですね。

次に形状、こちらは、マミー型封筒型があると。

マミー型は身体にピッタリフィットする、僕らがイメージする寝袋そのものですね。

こちらの長所はフィット感から来るあったかさですが、その分出入りが面倒のようです。

封筒型は、その名のとおり封筒のように長方形で、フィット感からくるあったかさはないものの、出入りが簡単。

正直、これはどっちでもよさそうですね。

ということで、化学繊維だったら形状にこだわらない寝袋を探すことにしました。

寝袋のチョイスは難しいな

Amazonで「化学繊維 寝袋」で検索してみると、1種類の寝袋しか出てこない…。

これでは決めようがないので、結局、Googleで「おすすめ 化学繊維 寝袋」で探してみることに。

「キャンプ初心者に最適なモデルはコレだ!」という、なんともありがたいサイトが見つかりました。

www.google.co.jp読んでみると、自分が選定した条件以外に「氷点下対応」というのが大事らしい。

調べてよかった…笑

このサイトは5つほど寝袋が紹介されていて、うち2つは20,000円するので、ちょっとパス。

残ったのは、コールマンが2つ、Snugpakが1つ。

テントがコールマンだから、ここはコールマンで統一じゃ!

これまた悩ましいのが、封筒型とマミー型、タイプの違う2つが残っている。

しかし、圧倒的に重さが違う!

4.9kgと1.6kg、これは1.6kgで決まりでしょう。

ということで、このマミー型の寝袋をチョイス。

コールマン コルネットストレッチ2 L-5

お値段は、Amazonで11,000円!

でもテントと合わせて2万円オーバー…。

これはメルカリの方がいいのではないか…。

まさかのシリーズ化

テント、寝袋とまさかの2記事になり、気付いたらシリーズ化してました。

まだまだ必要なアイテムはいくらでもあるので、緊急事態宣言も解除されないし、この在宅を利用していろいろ調査してみたいと思います。

早くやってみたいな、ソロキャンプ。

↓↓にほんブログ村、こちらもポチっとお願いします☆↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村