休日の暇つぶしのお供ブログ

予定のない休日の暇つぶしのお供を紹介するブログです

プロ野球そこそこ昔ばなしの面白さはそこそこではない【動画】

ずっと室内にいるとお菓子が進み体重が増える、34歳の独身男、どうも、ぴじょんです。

在宅中は、HuluやNetflixYouTubeなど、動画サブスクリプションサービスのお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

以前もご紹介したとおり、僕はAmazonプライム・ビデオを使っていて、この在宅中もお笑い、アニメなどなど、八面六臂の活躍をしております。

今回は、そんなAmazonプライム・ビデオから、「プロ野球そこそこ昔ばなし」をご紹介します。

 

 

プロ野球そこそこ昔ばなしとは

日本でずっと愛されてきたスポーツ、野球。

その最高峰であるプロ野球は、さぞ華やかな世界なんだろう…。

僕は今までそう思ってきましたが、実はそうでもない、という話を、ゲストのプロ野球選手が暴露していくという番組。

この番組を観るまで知らなかったのですが、昔はパ・リーグセ・リーグの格差が酷かったようで、パ・リーグの元OBがセ・リーグへの妬みを語るのが、1つの流れ。

 球場に選手用の駐車場がなく、試合の日は近くの百貨店に駐車する

 車通勤はまだよくて、混雑した電車で通勤する球団もある

 東京ドームが本拠地の巨人と日ハムで、食堂の待遇に差がある

などなど、

「え、一般企業よりひどくない!?」

と思うこともしばしばあります。

かと思えば、女優やクラブの女の子との華やかな色恋の話や、乱闘の話もあったり。

ほとんど、試合の中身の話や、野球の技術の話をせずに、草野球のテンションで番組が進行していくので、野球を知らない人でも楽しめるコンテンツになっています。

超一流ではない選手たちのチョイスが絶妙

イチロー、松井などの最近の超一流どころは出演しないけれど、みんなが知ってる、そこそこ昔の一流選手のチョイスが絶妙。

高橋慶彦パンチ佐藤、駒田などなど、「あぁー!懐かしい!」という選手が登場。

この人たち、野球がうまいだけじゃなく、トークもうまいんです。

近鉄の金村さんはゲストなのに、第一回から最終回までフル出演。
なぜか他球団の事情や、プロ野球選手の色恋沙汰にめちゃくちゃ詳しいので、ちょっとした芸人より全然面白いです。

※調べたら、バラいろダンディとか、胸いっぱいサミットなど、野球に関係ないバラエティにもたくさん出てるみたいですね、納得。 

吉田明世アナウンサーがいい立ち位置

番組はナイツの二人と元TBSの吉田明世アナが進行。

この吉田アナ、野球はまったく知らないようで、基本的にはトークテーマを読み上げるのがお仕事。

回によっては、ホントにお題しか読んでないんじゃないの!?という回もあります。

そこそこ昔のプロ野球選手が登場しても、知らないおじさんが出てきたな、くらいのテンション。

会話に参加することもなく、たまに話を振られても、
わからないですねぇ…
と一言。

普通なら、ちゃんと勉強してこいよ!と思うところですが、吉田アナの場合、その回答で成立するから不思議です。

主張はしないけど、いるだけで場がもつというか、逆にいないと締まらないというか。

定食のたくあんのよう。
多くを語らないこその存在感ってものもあるんですねー。

ちょうどええボリューム

1話だいたい30分くらいなので、在宅勤務をしてるときの休憩時、たまに出勤するときの通勤にちょうどいい時間なんです。

シーズン1が15話で完結してるので、1日1話見れば、緊急事態宣言の期間であるGW明けまでに観るのにちょうどいいボリューム。

ぜひ #家ですごそう のお供に、ご覧になってはいかがでしょうか!

  

↓prime videoはこちらから↓

 

↓↓にほんブログ村、こちらもポチっとお願いします☆↓↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村